シミを消したい

シミを消したい

シミは女性ならない方がいいと思うのが当たり前ですよね。そんなシミを消したい!と思った時にはどうすればいいのか?シミを消すいい方法はあるのだろうか?

シミを消したい 化粧品

シミを消したい2

シミを消すのとシミを隠すのでは全く違います。若いころに海で焼いた反動が歳を取ってから顔のシミとなって表れてきます。その時に後悔してももう手遅れですよね。

できてしまったものは仕方がありません。化粧品で隠すのではなく、何とかしてシミを消す方法を探してみるのが先決ですよね。

シミを消してくれる化粧品もたくさん販売されてきているので自分の肌に合うものがあるかもしれませんよね。

シミを消したい 皮膚科

シミを消したい3

シミを消したいと思ったら皮膚科に行くのも一つの手段です。シミと言っても種類は色々。年齢によるものや紫外線の刺激によるもの、炎症の跡と種類も様々。種類が違えば治療方法も変わってくるかもしれませんよね。

なので専門の皮膚科に相談するのもいいかもしれません。皮膚科ではシミ治療をすることができる病院もあるのでそれを試してみるのもあり。ただ、皮膚科でシミ取りをしてもらう場合保険適応されていないものもあるので注意が必要です。ここはちゃんと確認しておかないと、治療後の多額の料金を請求されてしまうかもしれませんよ。

皮膚科での治療ではレーザーや光治療が頭に浮かびますが、それより前に塗り薬や飲み薬でシミが消せるのならいいですよね。皮膚科の医師にしっかりと相談しましょう。

シミを消したい 薬

シミを消したい4

薬と一言で言っても色々あります。

飲み薬に塗り薬、市販で売っている薬に医師の処方によってもらう薬。

どれもシミを消したいと思った時に使うことで一定の効果を期待することができるかもしれませんが、その効果を高めるにはやはり、医師から処方された薬が一番になります。

同じシミけしの塗り薬、入っている成分も同じ。でも、市販薬と処方薬では決定的な違いがあったりします。

それは有効成分の濃度です。

どんなに良い成分が入っていたとしてもそれが少量では効果を期待することはなかなか難しいですよね。時間もかかりますし。でも、処方薬ならば成分の配合量も多く、効果的かもしれません。こればかりは医師の判断が必要になるということですね。

あくまで市販品の薬は素人が間違って使ったとしても害がないように作られていますから。

シミを消したい ハイドロキノン

ハイドロキノンはシミを消したいと思った女性の強い味方ですね。

このハイドロキノンは『皮膚の漂白剤』ともいわれるくらい美白効果を持っています。発がん性があるとも言われているみたいですが心配する必要はないみたいです。安全性も高いと言われています。

ハイドロキノンの働きとしてはメラニンを作る細胞を対してメラニン色素を作らせないようにするそうです。

シミを消したくて市販品のクリームを選ぶときにでも成分の中にハイドロキノンが入っていることを確認しておくといいですよ。

まとめ

シミを消したいと思った時にはまずは皮膚科に行くことをおすすめします。シミの種類は多くその種類におおじて適切な対応をすることがシミをなくすための近道になりますからね。

皮膚科なら外用薬でも内服薬でも効果的な薬を処方してくれます。その場合は保険適応の薬なのかどうかを合わせて確認しておくといいかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする